健康とコラーゲン

健康とコラーゲン

運動に大切な器官は
コラーゲンで作られている

健康的な毎日を過ごすためには運動が大切です。
運動に関わる器官は「運動器」と呼ばれ、その多くがコラーゲンで構成されています。

骨

のコラーゲン率は
カルシウムより多い!

骨はコラーゲンが土台となり、カルシウム等が組み合わさって作られています。
良質なコラーゲンが不足すると、「骨粗しょう症」のリスクが上昇。

コラーゲン率50%以上

コラーゲン率50%以上

※体積比

関節

関節軟骨のコラーゲン率は
グルコサミンより多い!

骨と骨が直接ぶつからないように、クッションとなるのが関節軟骨。
コラーゲンが劣化・不足したりすると、関節に痛みや違和感が生じます。

コラーゲン率53.3%以上

コラーゲン率53.3%以上

※乾燥重量比

腱・靭帯

腱・靭帯のコラーゲン率は
スムーズな動き担当する!

腱は骨と筋肉を、靭帯は骨同士をつないでいます。
コラーゲンの質が低下すると、腱・靭帯が衰え、関節の動きも制限されてしまいます。

コラーゲン率86.5%以上

コラーゲン率86.5%以上

※乾燥重量比

人間にとって重要な部分はコラーゲンで作られてるんだね! 美容のためだけじゃないんだ!骨にもコラーゲンは大切なんだ!

骨への効果

骨への効果

骨の生まれ変わりを応援!

いくつになっても丈夫な骨!
コラーゲンペプチドで
強く、しなやかに!

コラーゲンペプチドが骨の細胞に命令を出し、骨の生まれ変わりを促進。
密度が高く、しなやかな "折れにくい骨" を作り出します。

骨代謝

骨の再生を促進!

古い骨を壊す破骨細胞と新しい骨を作る骨芽細胞、
この2つをコラーゲンペプチドが活性化することで、骨の再生を促進していきます。

骨密度

密度高く、しなやかに!

コラーゲンペプチドを(ヒト換算すると)1日10gを3週間摂取することで、骨密度が約25%アップしました。
[マウスを用いた実験の結果より](城西大学との共同研究成果)

関節

関節

ツラ〜い関節症に朗報!

関節軟骨の機能を保ち、スムーズに動けるカラダに!

痛みの軽減

ヒトの研究で改善効果あり!!

膝変形関節症の患者さんを2つのグループに分け、それぞれコラーゲンペプチドとプラセボ(デキストリン)を毎日10g、91日間連続摂取しました。
その結果、コラーゲンペプチドを食べたグループは、膝関節の総合評価が良くなり、痛みが軽減!!
改善していることがわかりました。

  • 膝関節の総合評価指標
  • 痛みの軽減指標

出典:「FOOD Style21 Vol.15 No.2 2011年2月号 P52〜57 杉原富人(新ゼラチン㈱)ほか」食品化学新聞社より改変して転載

軟骨

軟骨細胞の変形を阻止!

関節の動きは軟骨細胞にあるヒアルロン酸によるもので、コラーゲンペプチドを摂取するとヒアルロン酸の合成を促進したり、軟骨の変形を阻止します。

コラーゲンがキーワード!!
健康寿命を保つカギ

健康寿命とは、元気に健康で生きられる期間のこと。
健康寿命の大敵が、骨折や関節痛などの運動器の障害です。

ひざの関節が痛い 歩くのがめんどうになる 外出が減り運動不足になる 筋力・体力が低下し、骨がもろくなる

いつまでもイキイキと元気に生活するためには、
コラーゲンを摂取し、運動器の健康を保つことが効果的です。

Check!! コラーゲンの健康効果おさらいクイズ♪

コラーゲンの骨・膝・関節への健康効果は
ご確認いただけましたか?
クイズに答えてコラーゲンペプチドの健康効果をおさらいしましょう。
AとBの選択肢から選んでください。

1
コラーゲンペプチドが「◯◯◯◯」に命令を出し、骨の生まれ変わりを促進。密度が高く、しなやかな "折れにくい骨" を作り出します。
2
コラーゲンペプチド1日10gを13週間継続摂取すると、◯◯%の人が膝の痛み軽減効果を実感!

四角いエリアをクリック!

コラーゲンは美容効果も!

検証結果はこちらから

  • 肌への効果
  • 爪への効果
  • coming soon