肌の「ハリ」と「水分量」はコラーゲンペプチドがカギ!!

肌の「ハリ」と「水分量」はコラーゲンペプチドがカギ!!

コラーゲンとは?

コラーゲンとは?

カラダのタンパク質

人間の体は約60兆もの細胞が集まってできているといわれます。
その細胞同士を結びつけるのに欠かせないのがコラーゲンですが、コラーゲンがタンパク質の一種であることをご存知でしょうか?
皮膚はもちろん、骨や血管、臓器に至るまで、私たちのカラダを構成しているタンパク質のうち、コラーゲンは約30%もの割合を占めています。
コラーゲンは細胞同士をつなぐ接着剤のような役割を果たしており、そのおかげで肌ではみずみずしさを、関節ではクッション性を、血管ではしなやかさを保つことができています。

コラーゲンとコラーゲンペプチドは何が違うの?

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いをご存じですか?

コラーゲンもコラーゲンペプチドもほとんど同じアミノ酸で組成されていますが、何が違うのかというと、それは分子量です。
コラーゲンはサイズが大きいため吸収されにくいのに対しコラーゲンペプチドは小さいので吸収されやすいのです。
そのため、コラーゲンペプチドは健康食品やサプリメントに使われることが珍しくありません。

コラーゲン コラーゲンペプチド コラーゲン コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドの働き

これまでは「コラーゲンを摂ってもバラバラのアミノ酸に分解されて吸収される」と考えられてきたため、コラーゲンを積極的に摂る意味はないと考える専門家もいました。
しかし、最近の研究で、コラーゲンを摂取したうち、その一部はアミノ酸に分解されずに、コラーゲンペプチドのまま腸で吸収されるということがわかってきました。
腸で吸収されたコラーゲンペプチドは、血液にのってカラダのすみずみまで届けられると考えられています。

口から摂取 細胞活性化 新細胞の産生 口から摂取 細胞活性化 新細胞の産生

摂取したコラーゲンペプチドが体内でそのままコラーゲンになるわけではありません。
しかし、新しいコラーゲン細胞は運ばれたコラーゲンが何らかのシグナル(命令)を細胞に送って、作り出しているのではないかと考えられています。

コラーゲンペプチドで中からも外からも効果実感!

コラーゲンペプチドで中からも外からも効果実感!

コラーゲンの肌への効果

肌荒れに悩む女性100人に、1日あたりコラーゲンペプチド5gの摂取を4週間以上続けた結果、肌の水分量が増加し、弾力性も向上しました。
摂取したコラーゲンペプチドが真皮の組織に届けられ、真皮の線維芽細胞に命令を送り、細胞の活性化スイッチを入れることで「肌の再生」を促進していることがわかってきました。

肌への効果を見る >

コラーゲンの骨・関節への効果

研究が進むにつれて、肌の場合と同様に、古くなった骨を壊し、新しい骨を作るシグナル(命令)を送り、骨の代謝を促進させるチカラがコラーゲンペプチドにあることがわかってきました。
また骨密度や骨質の改善だけでなく、軟骨細胞にも同様の活性化スイッチを入れ、変形をストップさせたり、関節のクッションの役割をするヒアルロン酸の産生もサポートしていることが明らかになりました。
コラーゲンペプチドは、健康な骨の形成をサポートし、骨密度の改善や関節の痛みや老化予防をサポートします。

骨への効果を見る >

現在では、さまざまな美容・健康効果が確認されています!詳しく見ていきましょう!

  • 肌への効果
  • 爪への効果
  • coming soon
  • 骨への効果
  • 関節への効果
  • coming soon

コラーゲンペプチドはどれくらいとればいいの?

コラーゲンペプチドはどれくらいとればいいの?

1日当たり5,000mg~10,000mgの
コラーゲンペプチドを毎日摂りましょう!

研究の結果、1日5,000mg~10,000mgを毎日摂取すると効果が高いこと
分かっていますが、これって実際どうやって摂取したらいいのでしょうか?
鶏手羽やフカヒレなどの食べ物から摂ることもできますが、毎日は大変ですよね。

食事由来のコラーゲンは分子が大きいため、消化吸収されにくいため、
せっかく食べても吸収されなければ意味がないのです。
でもサプリメントなら簡単!
せっかくだから消化吸収されやすいように低分子化された
「コラーゲンペプチド」
がおススメです!

コラーゲン5,000mgを摂るためには コラーゲン5,000mgを摂るためには

ちょっとでいいので、続けやすそうですね! ちょっとでいいので、続けやすそうですね!

ナゼ?毎日摂らないといけないの?

コラーゲンペプチドの有効成分、実は24時間経つと血中からなくなってしまうんです。
毎日摂らないと、どんどんコラーゲンは減少していくことに。コラーゲンペプチドを常に体内にキープするには毎日のコラーゲン摂取が必要です。そうすることで、常に細胞に活性化の命令を送ることができるのです。

血中濃度 血中濃度
J.Agricaltural and Fod Chemistry,Ohara et al.2007

コラーゲン生成を促すチカラ ~パセノールのはたらき~

コラーゲン生成を促すチカラ ~パセノールのはたらき~

「線維芽細胞」に元気がないと…

加齢とともにコラーゲンを作る「線維芽細胞」の働きが衰え、良質なコラーゲンが不足し、その結果、肌のハリも失われます。

線維芽細胞

「パセノール」という成分に出会うと!

線維芽細胞を元気にするので、コラーゲン産生量がアップ!真皮層が整えられ、ハリ感もアップ。今あるコラーゲンの分解も防ぐという、嬉しいことばかり!

コラーゲンをたくさん作るぞ! コラーゲンが壊れないように頑張るぞ!

コラーゲン生成をサポートする「パセノール(™)」とは?